« 行けるとこまで | Main | 制約衝動 »

煩雑よりも真実を

お嬢さんを僕にくださいなんて事は言われなかったけど
結婚を前提にお付き合いしていきますと言ってくれた。
それだけで十分なんだ。
一緒にいるだけなら付き合っている方が楽しいのに
責任を持って一生一緒にいたいと思ってくれた。
あたしも、責任を持たなければいけない。
それが、条件。あたしにとっての代償。
結納だの、婚約だの、披露宴だの、
真っ当な社会人として、の、契約儀式。
あー全然知らないなー常識。知らないよなー。
でも、逃げられないよなー。自分の事だもんねー。
半年前には考えもしなかった現実がここに。
願えば叶う、か。
そういえば、3年前に友達と見てもらった占い師に
言われたんだっけ。
「24歳で結婚するよ」
あたし、来年の2月で25になるわけ。
彼氏が言ったんだよね。
「24のうちに結婚しよう」
もちろん、占いの事なんて言ってなくて。
運命ってのが式次第にのっとってんならさー
もーちょっと早く進行進めてくれなかったかな。
25まで半年ないんですけど?
エンジンかかんの遅いんだよ。
まるであたしみたいだ。・・・あたしか。

|

« 行けるとこまで | Main | 制約衝動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 煩雑よりも真実を:

« 行けるとこまで | Main | 制約衝動 »